よく小一の壁という言葉を耳にしますが、母親も父親もフルタイム等で働いているとなると、子供をどこかに預けなければなりません。保育園に入っていれば意外と長時間預かってくれることができますが、小学校に入るとそうはいきません。特に一年生の間は早めに帰ってくることが多く、かといってまだ子供だけで留守番をさせるには不安になることでしょう。そういうときに預かってくれるところが学童です。学校が終わってから預かってくれ、宿題もそこでやったりと助かることがあります。しかし地域によっては荒れていたり、待機児童が出てしまっているという問題があります。もちろん働いていれば預けるほかないのですが、もう少し施設の整った学童がこれからも必要になるでしょう。そして本当に預けるべきなのか、家庭内で再度きちんと話しあって子供にとってよい環境を整えましょう。

学童があるから親は安心して働けます

小学校での授業が終わって家に帰っても一人で親の帰りを待たなくてはいけない子供たちの為に学童はあります。親は仕事で子供達の授業が終わるまでに帰って来られないからです。昔も今も学童がないと親も子供も困ってしまいます。子供をかかえ共働きで働いている家庭や、一人親の家庭ではなくてはならない存在です。子供は学童で宿題などの勉強をすませたり、友達とケンカしながらも仲良く遊んだりして成長していきます。先生は教育者として、時には親のように厳しく優しくたくさんのことを子供たちに教えてくれます。だから他の子たちよりも親の帰りが少しくらい遅くても安心しておむかえを待っている事ができます。季節ごとには楽しいイベントもあり、子供たちはいつも目を輝かせて楽しそうに過ごしています。学校の友達や先生と一緒に過ごす時間が長い分、協調性が養われます。

幼少期の学童保育について。

金銭な問題や、会社の事情や都合により子供が学校から帰るまでに、自宅にたどり着けない人や子供の世話が出来ない人も多いです。一人っ子や、子供だけで家に留守番させておくことに抵抗がある方が利用することが多いのが、学童です。学校などが終わった後からの数時間程度を子供も預かってくれるサービスで、勉強というよりは子供たちが自由に安全に遊べる施設です。子供たちからしても家の中で親の帰りを待つより、学童などで交友関係を深め、自由に遊んでいたほうが寂しさも少なくなり、ストレスも発散出来ます。小学生の時など高学年になるとある程度しっかりしてきますが、低学年ではまだ、身の危険を守ったり行動範囲がわからないことも多いため、親自身も留守を任せるのは心配です。そのため、学童で、大人の目が行き届く範囲で遊んでもらっていたほうが安心できます。