沖縄では、一年幼稚園が主なので、幼稚園生になると同時に学童を確保するのが大変です。今の学童は、幼稚園までお迎えに来てくれる所が人気であります。理由は、送り迎えがないため、フルタイムの勤務ができるメリットが大きいことがあげられます。実際、小規模だったが、増えて増えて今や人気になっているところも多いですい。送迎付でなかったが、保護者の要望により送迎を開始しているところもあります。一番いいのは、保育だけでなく、英語・習字・そろばん・体操・・と幼児教育が盛んなところがいいです。しかし、それなりに金額も高い。保護者がフルタイムで勤務でき。子どもが大いに自分の個性を発揮できるなら金額の問題ではないはずです。幼児期という大切な時期に与えたいものは沢山あります。お金・時間を惜しまず子どもをしっかり見つめて、教育してくれるところへ子どもを預けたいです。

学童の概要等の基礎知識について

学童とは、学童保育の略称です。主に日中にご両親が家庭にいない小学生児童に対して、放課後に最適な遊び場所や生活の場所を与えて、児童の考え方や行動が偏らず調和が取れるように育成を図る保育事業の通称の事です。学童は、日頃、ご両親の保育が難しい場合に、児童の安全を守る場所であり、また学齢期の児童が自立するための成長の支援、そして健全育成を実践する場所でもあります。現在では、仕事と子育ての両立を目指すご両親が増えていますが、この方々にとっては、子供が保育園などを卒園し、小学校に入学した後でもご両親が安心して就労等を継続していく上で必要不可欠なものとなっています。また、特に母親が、子供の小学校入学を機に職場復帰を希望する事が多くなっているため、地域によって申請が殺到しているため、待機児童が出る程に高い需要となっています。

学童保育の種類について。

学童保育は一般的に大きく3つに分けられます。まずは自治体が運営するもの。こちらは、親が働いてる10歳未満の子どもを対象としているところが多いです。預かり時間は、平日ですと下校時から18時がほとんどで、土曜日は、9時~17時のところが多いです。常時指導員が、子どもたちの安全確保の為に、見守ったり指導を実施しているというメリットがありますが、施設自体が狭いところが多いです。2つ目に、民間が運営しているもの。親の就労の有無や、年齢制限は問わないところが多いです。平日は、下校時から20時までは、ほとんどの施設が開校していて、施設によっては22時まで開校していて、お泊り可能なところもあります。早朝や夜遅くまでの延長保育など、スケジュールに柔軟に対応してもらえるところがメリットですが、融通が利く分、料金が自治体のものに比べて高いです。3つ目としては、放課後子ども教室です。公立小学校に通う全員が対象で授業後の空き教室などを活用しています。平日は、下校時から16~17時のところが多く、土曜日は実施してないところがほとんどです。料金がかからないところが多く、通学する学校内にあるので、移動については安全が確保されているというメリットがありますが、受入れ人数があまりにも多いというデメリットもあります。それぞれメリットとデメリットがありますので、よく検討してどこを利用するか決めるのがよいのではないでしょうか。

小学校受験を考え始めたら、まずはご相談ください。ご利用者さまのお声もご紹介しています。お子様自身が求める知的成長をサポートします。 子供の学習意欲を育てるため、グループでの豊富な課題活動を通して、知性、発表力や社会性を伸ばしていきます。 学童には、東京(目黒・飯田橋・自由が丘・大崎・府中)にあり、千葉、神奈川では藤沢にあります。 学童で豊かな教育を希望される方に